現場だより

2021.10.09新築施工中

瑕疵保険

S様 | 西海市西彼町

当社が新築する住宅は、瑕疵保険に加入しています。

これは、新築後10年間、建物の主要構造部である骨組みに傾きなどが発生したり、雨漏りがあった場合は、保険が下りる制度になっています。

しかし、保険に加入するためには、いろいろな検査を受けなくてはいけません。

保険会社も、もともと不備のある建物に保険はかけてくれません。

まず、地盤の調査。地盤が悪ければどんなしっかりした家を建てても不具合が起こる可能性があります。

それから、基礎の検査。配筋などが規定通りにできているかを確認します。

それから建物の構造の検査。台風や地震に耐えるための金物などがきちんと施工されているか。防水上、雨漏りの危険性がないか。

などの検査を受けています。

自主検査、瑕疵保険の検査、住友林業の現場検査、何度も検査をすることで、間違いのない家になっていきます。