木造住宅では、まず、外部から水が入らないように対策をしていきます。

屋根下地に、ルーフィングを貼ります。

屋根の仕上げは、ガルバリウム鋼板だったり、瓦だったりしますが、下地はどれもルーフィングを貼り、ここで防水しています。

また、その屋根の下から壁にかけて、透湿防水シートを貼っていきます。

これも、外部からの水の侵入は防ぎつつ、壁の中の湿気は透湿して、外部に出す材料になります。

さらに当社では、アルミの効果で赤外線を85%カットし、熱の出入りを少なくする、タイベックシルバーを使っています。

  


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
13586