建物の土台を支える、基礎の立上り部分のコンクリートを打設していきます。

立上りの幅は、16cmです。

建築基準法では、12cm以上となっています。

鉄筋を守るかぶり厚さを確保するためにも、通常より厚くしています。

この時に、基礎と土台をつなぐ、アンカーボルト、ホールダウン金物を設置していきます。

決まった位置にずれないように固定していきます。

コンクリートを打ったら、強度が出るまで養生します。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
13016