断熱材は、現場吹付けによる発泡ウレタン

フォームライトSLを採用しています。

液状の材料を吹付けると、すぐに膨らんで、固まります。

液状から膨らんでいくので、細かいところにもすき間なく入っていきます。

グラスウールなどの繊維状の断熱材などは、施工の良し悪しですき間ができてしまう場合もあるかと思います。

屋根下で170mm、壁で80mmの厚さがあります。

断熱性能の数字より、体感で、気密性・断熱性が違うのを感じられます。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
12249