基礎の鉄筋を組んでいきます。

構造計算によって、鉄筋の配置が違います。

柱に上部から大きな力がかかるところは補強筋が入ったり、

土間の鉄筋も、間隔を細かくして補強する部分もあります。

鉄筋と鉄筋をつなぐ部分の重なりの長さも決まりがあります。

チェックして記録を残さないと、せっかくの構造計算の意味がありませんね。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
12259