柱の足元には、床下からの空気が上がってきたりして、気密性が悪くなったりしないように、通気止めのためのテープを貼ります。

梁の側面の黒い丸に見えるものは、熱橋ボルトキャップといって、建物外部からの熱や冷気が、金属製のボルトを伝わって、建物内部に入らないためにかぶせてあります。

断熱性、気密性を確保するために、小さい部分ですが、ちゃんと施工できているかをチェックしていきます。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
11954